­
コラム | 名古屋のファイナンシャルプランナー(FP)早川FPオフィス

 伊勢湾台風並み、伊勢湾台風と同じような進路をとる、といわれた台風18号。
『台風に備えて準備をしてください』とテレビのニュースで呼びかけていましたね。
いざとなると、何を準備したらいいのか、、、
夜中になって、そうそうと、窓の外のスダレを7枚外しました。
堤防が切れたり、大雨で浸水したら・・・パソコンを二階に上げたほうがいいかしら?と思いつつ・・
台風情報を聞きつつ・・・いつしか眠ってしまいました。

夜中には家の前の道路は冠水していたのかも?ですが、朝、私が見たときには形跡もなく、
我が家では、自転車が一台ひっくり返っていただけでした。
風が強い日にはいつもバタバタと倒れる植木鉢は、フェンスの脇にかためたり、
横にしておいたので大丈夫でした。

皆様のほうでは、大きな被害はありませんでしたか?
お見舞申し上げます。

今回は、大雨による浸水もなく、強風によって飛んできたものが当たってガラスが割れたり、
怪我をしたりということもなくほっとしました。

ニュースでは、突風で屋根瓦が飛んだり、飛んできた看板で窓ガラスが割れたり、
激しい波が打ち寄せて、浸水したりという被害の様子を伝えていました。

 今回のような台風によって、建物に被害をうけた場合、
損害保険会社の住宅火災保険住宅総合保険店舗総合保険などや、
工場や店舗、倉庫の普通火災保険に加入している場合のほか、
JAの建物更正共済
全労済や県民共済の火災共済で自然災害の特約を付けている場合には、
保険金を受けることができます。

損害保険会社の火災保険では、
損害額(修理代)が20万円以上となった場合に保険金が受けられます。
火災保険を時価で契約している場合には、
修理費用が20万円でも、被害を受けて修理する部分(=新品になる)から時価に計算しなおした金額(減価償却控除後の金額)が20万円以上になれば、保険金が支払われます。

団地保険や積立マンション保険、新しい火災保険などで、
『風災実損払い』の特約がついていれば、『損害額が20万円以上』なくても、
実際の損害額が補償されます。

 台風によって床上浸水(契約によって、『地盤面より45cmを超える浸水』と規定されている)の被害を受けた場合には、
住宅総合保険、積立火災総合保険、店舗総合保険、新しい火災保険、
などを契約していると、保険金が支払われます。

 また台風によって車が水に浸かって動かなくなるなどの損害があれば、
自動車保険に、車両保険がついていれば保険金が受け取れます。
車両保険は、一般車両保険、車両危険限定担保特約(A)などです。

いずれにしても、契約している保険会社や代理店に問い合わせてみてください。
契約の内容によっては保険金支払の対象にならない場合もあります。
保険金の請求には、被害状況がわかる写真を撮っておくこと、修理代の見積もりが必要です。




8月ももう終わりですね。
9月1日は防災の日です。
1923年9月1日の関東大震災にちなんで制定されました。

 今年は伊勢湾台風から50年。(寝ていたので何も覚えていません)
先日の突然の地震や、近年の異常気象による豪雨や水害など、「災害は忘れた頃にやってくる」という言葉通りです。なんとなく「防災グッズを揃えなくちゃ」とは思っていても、まだいいか、そのうちね、と後回しになりがちです。

 で、こんな情報を。

国土交通省 のホームページ
 http://www.mlit.go.jp/saigai/index.html

防災情報提供センター(国土交通省)
 http://www.mlit.go.jp/saigai/bosaijoho/

あなたの街のハザードマップ(国土交通省)
 http://www1.gsi.go.jp/geowww/disapotal/index.html

 私の住んでいるところは、庄内川の堤防の南側なので、台風による大雨で浸水する可能性も否定できません。
東海豪雨の時には、難を免れましたが、引っ越して間もない平成19年の大雨の時には、家の前の道路が冠水し、駐車場のコンクリートの割れ目から、噴水のように水が吹き上がっていました。庄内川・新川に近いせいか道路の冠水は比較的よく経験しました。

 愛知県の洪水ハザードマップを見ると、庄内川の堤防が切れると、15分後には地下鉄庄内通駅に洪水が到達し、15分後にホームが冠水、1~2時間後にホームの天井まで水没するのだとか!げげっ!! 

 『あなたの街の地震マップ』を見ると、「東海・東南海地震」では、名古屋市西区は大部分の地域で震度6弱のゆれ、西区のほとんどの地域が液状化とか。だからと言って、今更引越しできませんものね。

   非常時持ち出し品チェックリスト   
 http://www.dri.ne.jp/oyakudachi/images/list_ver3.pdf     

 3日間程度自足するための備えのリスト。
我が家ではほとんどバラバラでおいてあるので、イザっていうときには持ち出せない可能性大!
全然準備できていませんねぇ。反省

災害が起こったとき、家族がどこへ行くのか、避難場所の確認や、どうやって連絡を取るか、何を準備し、何を持ち出すか、心の準備と、防災への準備が必要なんだと再確認いたしました。 

 平成20年の簡易生命表が厚生労働省から発表されました。    http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life08/index.html 
0歳時の平均余命(=平均寿命)は男性79.19歳、女性85.99歳で、
いずれも過去最高となっています。
 また、男女差は6.76年で、昨年の6.80年より0.04年縮小しました。

 これは平均値であって、自分がこの年まで生きられる保証はありませんが、ずいぶん長生きになりました。
平均寿命の推移をみると、
        昭和22年:男 50.16 女 53.96
        25-27年:  59.57   62.97
           50年:  71.73    76.89
           60年:  74.78   80.48
        平成15年:  78.36   85.33
           18年:  79.00   85.81
           19年:  79.19   85.99
           20年:  79.29   86.05

 団塊世代が生まれた頃には人生50年でありましたが、今や80年!
生涯のキャッシュフローを考えると、とても60歳定年ではやっていけない時代となりました。
60歳時点での自分の寿命を、あと15年と見るか、あと25年と見るか、30年?と見るかで
生涯のキャッシュフローは大きく変わります。長生きの家系である私は、非常に不安なんです^^;
 あと15年であった場合、このままいっても何とかなります。
あと25年とすると、今のままでは家計破綻となってしまいました。長生きするリスクを実感します。
で、どうするか、今から考え対策をし、覚悟を決めることが、大変重要なんですね。

                    

今日の日経新聞の夕刊に、「米欧で家庭菜園ブーム」 “オバマ夫人、人気後押し”  という記事が。

090701tomat-0026昨今の景気の悪化で、貯蓄率も低下、家計防衛に家庭菜園が一役買っていると、春先に聞いたような気がします。ベランダや庭で野菜を育てるのがブームのようで、とてもおしゃれなテラコッタや、木製の鉢にトマトやピーマンを栽培するのがアタラシイ。で、今日の記事。な~んだ、日本だけではなく、アメリカでも同じなんですね。

090701berry-0044 というわけではありませんが、我が家では引っ越してから、美しい花だけではなく、食べて家計にやさしい野菜や実のなる植物が増殖中!!

  今年植えたこのミニトマト。すでに1mを超えていて、次々と花をつけ実をつけます。昨年植えたトマトは、実はつけたけれどそこそこでした。鉢が小さかったのかなという反省をふまえ、今年は大きな植木鉢にミニトマトと桃太郎の二本を植えました。今年の夏、我が家のトマトの自給率はは100%になりそうな勢いです。


 海外へ渡航していなくても新型インフルエンザに感染した人がでて、薬屋さんの店頭からはマスクが消えてしまいましたね。マスクをしていても、感染を100%防ぐことはできないようです。まず「うがい・手洗い」が基本。注意していてもインフルエンザに罹ってしまうかもしれません。それが、A香港型なのか、Aソ連型なのか、今回の新型なのかは詳しい検査をしないと分からないのが悩ましいところ。検査キットも不足気味?不幸にして新型のインフルエンザに感染し重い症状になって入院したら、どんな保険金が出るのでしょうか?

 もちろん、生命保険の医療特約や医療保険で契約している「日額」、例えば一日5,000円とか1万円とかが契約の条件にあえば支払われます。
日帰り入院から保障されるものであれば入院日数分。入院5日目からという条件なら、7日間入院したら、3日分(7日-4日)が受け取れます。通院のみでは出ないのは、一般の病気と同じです。また、通院特約がついていれば、入院後の通院なら給付金が受け取れます。

 海外旅行から帰って機内の健康チェックで異常がなくても、帰宅してから体調不良で医師の治療を受けた場合はどうでしょうか。
 海外旅行傷害保険に加入していませんでしたか?疾病治療費用の特約をつけた海外旅行傷害保険に加入していれば、一般的には旅行期間中に発病して治療を受けた場合はもちろんですが、帰国してからでも72時間以内に治療を開始した場合には、契約した保険金額の範囲内で補償されます。(保険会社によって違いがありますので、パンフレットなどで確認しましょう)

 特定の感染症(コレラ、ぺスト、天然痘、発疹チフス、ラッサ熱、マラリア、黄熱、SARS、エボラ出血熱、赤痢、高原性鳥インフルエンザなど)が原因で亡くなった場合には、生命保険の災害割増特約、傷害特約からも保険金が支払われます。損害保険の傷害保険でも補償されます。しかし、新型インフルエンザはこの特定の感染症に指定されていないので保険金支払いには該当しません。